腱鞘炎・ばね指

手首の痛みには腱鞘炎や舟状骨骨折、テニス肘など様々な症状があります。

ここでは腱鞘炎・ばね指の症状や原因、治療方法などについてご案内いたします。

普段の生活で手・手首は多用されるため、早めに痛みを改善し健康な生活を維持していきましょう。

症状について

手や足、指といった体の部位は、骨と筋肉をつなぐ「腱」が縮まったり緩んだりすることで動かされています。

その腱を包んでいる鞘のような部分が「腱鞘」です。

腱鞘の中には滑液が満たされていて、腱をスムーズに動かす潤滑剤の役目をしています。
ところが、腱を動かす回数が多すぎると、腱と腱鞘が摩擦によって炎症を起こしてしまいます。これが腱鞘炎です。

炎症を起こした腱鞘は、腫れて内部が細かくなってしまいます。
するとさらに、摩擦がひどくなり、腱を動かすたびに痛みを感じるようになります。

症状によるリスク

手足の症状をそのままにしているとさらに炎症がキツくなり、可動域が狭まり、日常生活を送りのも大変となります。細かい指先の動作がとれなくなり箸なども使えなくなることもあります。

早めに痛みを改善し健康な生活を維持しましょう。

治療の対象となる患者様

  • ☑︎ 長時間スマホ操作をしている方
  • ☑︎ 長時間パソコン作業をしている方
  • ☑︎ グリップやボール等を握るスポーツ

当院での治療方法

炎症の痛みを抑えるために鍼灸施術ハイボルテージで筋肉の癒着を剥がし、痛みの閾値をあげることで疼痛の軽減を行います。

その他、痛みの出方などにより適切な処置をいたします。

お近くの店舗を探す

症状別お悩み解決